NPO法人 音楽の森 公式ホームページ

7/7集まれ!まつぼっくりコーラス

今日7/7、荒井先生の人生の師匠、永六輔さんのご命日、「永さんを偲ぶコンサート」がありました。

荒井先生(ボーカル・トーク)、藍先生(ボーカル・ピアノ)、熊本先生(ギター)三馬Dr(サックス)松尾宏Dr(音響)が朝からリハーサルをされ、24名の団員を迎えてくださいました。

1️⃣「おさななじみ」で明るいオープニング
2️⃣「こんにちは赤ちゃん」藍先生の優しいママの声に癒されました。
中村八大さんに待望の赤ちゃんが、生まれた時に永さんがプレゼントされた曲です。


3️⃣「女ひとり」
女ひとり旅をしたことがある人?→手を上げた人にインタビューし、お二人から思い出話を巧みに引き出し……
オーストラリア・タスマニアが先生の初のひとり旅。 夕日の絵葉書コレクターの永さんに、タスマニアから絵葉書を出されると、「タスマニアの夕日を、ありがとう」と筆まめな永さんからのお返事。桃花源郷のようなタスマニア
4️⃣「遠くへ行きたい」 三馬先生のサキソフォンのソロが素敵でした。
青年の船(コーラルプリンセス号)で「サウンドオプミュージック」を演じて賞をもらったこと、船室が蒸し風呂状態になり、香港のホテルで缶詰めに❗様々なトラブルを乗り越えて…
5️⃣「はな」
永さんは「沖縄を見ずして音楽療法を語るなかれ」と言われました。
四人に1人が亡くなっている沖縄の犠牲、そこから立ち上がる沖縄のパワー……
命の教え 平和 まちおこし 音楽の力 を荒井先生に教えてくださいました。
東京を離れて車椅子で出かけられたのは荒井先生の所だけ、命懸けて来てくださいました。
6️⃣「明日咲くつぼみに」
今日散るはなびら 明日咲くつぼみに 今日の命を。輪廻を歌で教えてくださいました。


7️⃣「はるなつあきふゆ」
形あるものはなくなる、何でも 始まりがあれば、終わりがある そしてまた始まる。
8️⃣「生きているということは」
これまでにしてもらったことを、今自分の目の前の人に返していくこと、もうすぐ95歳の東谷さんの生き方がまさにこの無償の愛。
9️⃣「見上げてごらん夜の星を」⭐
一周忌に永さんのマンションを訪ねたその後、
筑波で音楽療法学会、大きな国際会議場で「7/7今日は永六輔さんのご命日です」。と会場の皆さんに呼びかけ、「上を向いて歩こう」をみんなで歌い、「永さん、ありがとう」と空の上の永さんに声を届けられました。
最後に「上を向いて歩こう」をみんなでステップ踏みながら歌いました。

途中、永六輔作「夢であいましょう」のDVDを見ました。坂本九ちゃんの懐かしい姿。

永さんとの絆を熱く語られ、笑いあり、考えさせられ、心和み、ほっこりしました。

朝のリハーサルに来てくださった三輪さん、歌詞を打ってスクリーンに写してくださった色雲さん、ありがとうございました!

合唱団員Tさんより